果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。


昨日の雨が嘘のような晴天に恵まれ、「上曽我の梅を知る体験」に参加してきました。
梅の里センターに集合しスケジュール案内後、参加者皆さんで下曽我の街並みを歩き梅林に移動しました。
途中富士山も綺麗に見えちょっとした散歩気分です。
梅林に到着すると、三種類の梅がなっていて、合計2キロ収穫しました。

 

収穫した梅を持ちジョイファームへ移動、洗浄・選別作業を見学させて頂きました。
まさに梅の出荷作業真っ只中でした。

 

梅の里センターに到着したら、美味しい梅ジュースを頂き、調理室へ。参加家族単位で梅干し作りと梅シロップ作りを行いました。

早く頂ける日を楽しみに待っていようと思います。

Kファミリー

 
1

2

3

4


 

616日、昨日の豪雨がウソのように晴れ渡りました。

今日は上曽我の梅林で、梅の収穫と梅干つくりに挑戦です。  

 

 

1

 
























梅林から見えた綺麗な富士山

 

梅の里センターから20分ほど歩き、梅林に到着。雄大な富士山も見えてテンションもあがります。

 

 

 

 

2

 

























たわわに実った梅

 

ちょうど収穫の時期なので梅の実もいっぱい。小田原特産の十郎梅や、よく見聞きする南高梅、ちょっと小ぶりの白加賀などがありました。耕作放棄地だったこの梅林は、現在NPOが管理運営しているとのこと。高齢化や後継者不足の問題も改めて感じました。

 

 


 

3

 

























収穫に夢中

 

こっちが大きいよ、あっちのは熟しているわね、童心に戻ってかなり夢中になってます。そんなに力をいれなくても簡単に実がとれるんですね。  

 

 

 

 




4























もぎたての梅の実

 

この量で約2kg。採りたてのモモやサクランボだったら、ここでちょっと試食といきたいところですが、梅は無理のようです...。

 

 

 

 5

 























ただいま洗浄中

 

梅林からの帰り道、ジョイファームさんに立ち寄り、梅干し加工の見学もさせていただきました。この写真は収穫した梅をきれいに水洗いしているところ。今年漬けた梅は早くても来年出荷。こうして多くの時間と人手を介して、私たちの食卓に届くんだなあと改めて実感。

 

 

 





6

 























梅干し作り体験

 

いよいよ梅干し作りに挑戦。自分たちで収穫した梅をきれいに洗ってヘタをとり、ビニール袋に入れて塩をかける。思ったより簡単。でも家に帰ってからのお世話が結構大変そうですが、美味しい梅干しを味わうには、この手間を惜しんではダメです。自分で採った梅はどんな味かしら、と今から楽しみです!!

 

楽しい梅干し作りの体験ができました。


5
5日(日)天気:晴れ

 

果樹畑に移動すると、きれいな富士山がみえ、絶好の草刈り日和!!

1













晴天で暑い日でしたが、小田原の風は涼しく、とてもいい気分になりました。

 主人は初めての草刈り機で、なかなかうまく扱うことができません…


2














私と子供たちは、木の根元の草を抜いたり、刈った草を集めたりしてお手伝いをしました。


3















 

一つの作物ができるまでの、農家の方の苦労が少しでも体験することができて、とてもよかったです。

 

次回の活動もたのしみです!!

 

 

みかんまろん

このページのトップヘ