果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。


実りの秋。

今日は待ちに待った収穫の日です。また、収穫祭の日でもあります。

午前中は収穫祭に参加し、収穫は午後からの予定です。

収穫前なのに収穫祭って、順序が逆ですね。

 

気を取り直して、収穫祭に参加し、サラダ作りをお手伝いします。

お昼には、豚汁、おにぎり、おはぎ、パンケーキ、サラダなど、ご馳走が盛りだくさん!!

どれも美味しく、お腹いっぱいで大満足です。

 

この後の都合上、収穫祭は途中で抜けさせていただき、畑に向かいました。

既に畑には10人位の人がキウイを収穫しています。

この時期は、キウイとみかんの収穫、たまねぎの植え付けなど、とても忙しいとのことで、近くの農家の方が応援に駆け付けてくれていました。

 

ですが、畑にはまだまだたくさんのキウイがなっています。

 
写真1












急いで参戦です。

収穫するために実を触れてみると、「あれっ固い?!

そうなんです。収穫してすぐには食べられないんです。

収穫後、追熟を行って、ようやく食べられるとのこと。 だから、まだ固いんです。

受粉、摘花、摘蕾、摘果、追熟などなど、工程も多数あり、畑も広いだけにとても手が掛かります。

人数が多いせいか、約1時間で収穫が終了したので、ひとまず休憩になりました。

 

江川さんのご家族とおしゃべりできるこの時間は、ほのぼのとしたとっても楽しい時間。

 

その後、みかんの収穫をお手伝いし、終了となりました。

写真2












帰宅しようと車を走り出した時、江川さんのご家族の車とすれ違いました。

ニコニコしながら、両手で手を振ってくれたおばあちゃんの姿がとても印象的です。 素敵なご家族との出会いに感謝です。

「役に立てるかわかりませんが、また、お手伝いさせてくださいね。」

 

(YSファミリー)


梅コース 4回目 八月五日

担当農家の方の畑で、今回はみかんの摘果をさせて頂きます。

みかん畑で、植えてあるみかんの種類を教えて頂きました。

あおつみかん、あおしまみかん、させほ、はっさく、ネーブル、でこぽん、はるみ。

似てるように見えて、色々な種類があることにびっくり!

育てる時に気をつけることや、みかんの木の病気のことも話してくださいました。

そして、摘果。

摘果する実の選び方や、摘み方を教えて頂き、摘果をしました。

トゲ?が付いている木もあるので気をつけます。

(みかんの種類によるそうです)

摘果したみかんは、緑色でつるつるで小さくてかわいかったです。

とにかく良いお天気で炎天下だったせいもあるのでしょうか、

四回目の作業は一時間で終了。

次回はもっとできたらよいなぁと思います。

DSC04662












(UCファミリー)

このページのトップヘ