果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。

1115日(日)に「みかんの収穫体験」に参加しました。

楽しみにしていたのですが、残念ながら前日から降り続いた雨が残り、朝からどんより
した天気でした。

本来なら、雨が降ったり、雨が残ったりした日には収穫しないそうですが、特別に体験させていただきました。みかんは水滴で濡れていると皮が柔らかくなり、収穫時に傷が付きやすく傷みやすいので、晴れて乾いている時しか収穫しないそうです。

今回収穫するのは、早生みかん春の花見時に花だったものが実を付けて色づいていました。このみかんの樹は石井さんと同じ年だそうで、記念樹だそうです!
1













ありがたく収穫させていただきました。
2















早生みかんは12月頃までに収穫を終え、次は青島みかんの収穫になるそうです。

青島みかんは貯蔵用にする場合は、6~7割色づいてから収穫し、貯蔵する前に「よそ(換気させて重量を5%程少なくすること)」させるそうです。そうすると余分な水分が飛び、皮と実の間に隙間が無くなり皮がしなびたように見えるようですが、「見た目はしなびてるように見えるけど、味は美味しいんだよ」と言われていました。収穫した早生みかんも味がしっかりしていて甘みと酸味のバランスが良かったです。糖度を測ったら13度もありました!9度以上が出荷の目安ということでしたので、とても甘いみかんです。黒点のある見た目の悪いみかんもありましたが、味は全く変わりません。市販されている薬品がかかったみかんよりも安全に美味しくいただけるので、子供にも安心して食べさせられます。

3













みかんの収穫が終わると、子供たちはみかんの樹を見て回っているときに見つけたカブトムシの幼虫採りに夢中でした。袋に一杯の幼虫を入れていましたので、オスかメスか、孵るのが楽しみですね。

4













春に花だったキウイが実を付けていました!試食させていただきましたが、香りが良くとても甘かったです。カタログに掲載されるのが楽しみです。

5













次回は1月にネーブルオレンジの収穫体験です。

今度は晴れて、みかんが大好きな子供たちも一緒に参加できるといいなぁと
願っています♪










本日は、たんぼの学校、はたけの学校、果樹の学校とハーブの学校の合同収穫祭でした。
各学校から其々の収穫物を集め、またパルシステムさんからの神奈川県産の豚肉で、おにぎり、とん汁、お漬物、パンケーキを各学校ごとにつくりました。
果樹農家さんからはみかんのデザートも提供頂き、秋の収穫祭に相応しい、豪華な食卓となりました。

1











どれもとても美味しく、あっという間におなかの中に・・・
皆さま、至福の時を過ごされていたと思います。

その後の、〇×ゲームも盛り上がりました。
みかんや梅がハーブだとは・・・しりませんでした^^;)

スタッフの皆さま、準備大変だったと思いますが、お陰さまで楽しく参加させていただきました。有難うございました。

午後は、長谷川さんのご厚意で通常は雨の時はしないキウイ収穫の体験を少しさせていただきました。

収穫の時のコツを教えていただきました。
キウイを手のひらで優しく包みこみ、人差し指と親指で茎のところをはじきます。そうするとぷちんと簡単に実を傷つけることなくおもしろい様に取れました{^0^)

2









その後、ジョイファーム小田原の作業場の見学もさせていただきました。
只今、キウイの収穫まっ盛りで、日曜日にも関わらず大勢のスタッフの方が作業されていました。
サイズの選別やキウイの産毛を取る作業が行われていました。
大きなブラシが回転してキウイの産毛を取る機械を通すと、キウイが艶っとして出て来るのが面白かったです。

3



















長谷川さんのお宅での実習も残すところあと1回となってしまいました。。さびしい思いですが、

12月のみかんの収穫も楽しみです!!



Kファミリー


前回の梅収穫から2ヶ月ぶりに、楽しみにしていた梅作業です。

今日は梅の大きさや、傷のあるなしを確認して分ける作業を体験させていただきました。



まずはへたを取り、梅に傷がないか確認し、その後量りで重さを量って大きさごとに分ける作業です。

今回は家族で分業し、親がへたとり・傷の有無を確認し、子供が重さ量り、という事にしました。
DSCN1280



















最初は慎重に重さを量って、表を見ながら選別していた子供でしたが、そのうち持っただけで分けていました。

合っていたらすごいのですが、結構適当に分けている気が

穂坂さんすみませんでした。



その後、子供は駐車場の屋上で干した梅を下に下ろしたり、台車で梅を運んだりするのをやらせてもらいとても楽しそうでした。

DSCN1283














DSCN1285
















その間も、親は真剣に分別作業です。

梅干しをいただいたり(これがすごく美味しくてパクパクいける)、梅シロップジュースもごちそうになったり、とても充実した楽しい時間を過ごす事ができました。

私たちの作業は役に立ったのかは怪しいですが¨。



次回もまた楽しみです。

ちなみに、帰りに近くで寄った直売店の梅肉もみかんもとても美味しく、子供は小田原に引っ越したい!と言っています。




(Eファミリー)


 


 


 


 

このページのトップヘ