果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。

1128日 キウイの収穫を体験しました。 (秋澤さん農園にて)



5月に受粉、6月に摘果、8月に笠かけをしたキウイ、ようやく収穫です。

私と妻と息子の3人で参加していましたが、今回は息子の脚の怪我のため残念ながら私のみの参加となりました。

また、こちらの都合で予定より一週遅れての収穫となってしまったのですが、一区画だけ残しておいてくれました。ありがとうございます。



写真のようにたわわになっているキウイを秋澤さんと二人でプラケース5箱収穫しました。

1













2















「木からもいで終わり」ではなく、その次は大きさ別の仕分けをしました。

仕分けには秤を活用しますが、慣れてくると秤を使わずとも大きさでおよその重量が読めてくるのでスピードが上がって来、短時間で終了しました。

ただし、それはケースが5箱だからであって、数十箱となると話は別です。

「実は収穫よりもこれが結構面倒なんだ」と伺ったのですが、その通りと思いました。

3













店頭で並んでいるキウイは見事なまでに大きさが揃っていますが、個人的にはあそこまで大きさが揃っていなくていいので農家の方の手間を減らすことは出来ないものかと思ったものです。

ともあれ、今回の仕分け体験のおかげで、料理する際の野菜の重量が読めるようになったので、

それも「収穫」です。



あと、今回は大きさがやや小さいかな、とも仰っていました。 
大きさは天候だけでなく、摘果のタイミングの影響を受けるとのこと。 
キウイ以外にもいろいろな農産物を手掛けておられるのでスケジューリングが大変なのが伝わってきました。 



仕分けの後は、キウイの糖度を測定しました。 
私は糖度計(写真)を見たのが初めてなので興味津々でした。 
収穫したキウイの糖度は7.5くらいで、もう少し寝かすと糖度が上がって

出荷に適した甘さになるのだそうです。 
そうやって出荷のタイミングを見ているのは知らなかったので勉強になりました。 

4













今回いただいたキウイは自分の家だけでなく、実家やご近所にもお裾分けしました。

皆さん、喜んでくれました。



残すは1月の菜花収穫と2月のキウイジャム作りですが、こちらも楽しみです。

次回もよろしくお願いいたします。




Tファミリー)



118日、合同収穫祭に参加してきました!



数日前からの願いもかなわず、予報通りの雨空…でしたが、みのり館内で密度の濃~い時間を過ごせたと思えば、それもまたよし…かな?



着いたらまず皆で「昼ごはん作り」。

果樹の学校メンバーは「漬物」担当ということで、採れたてピカピカの茄子と蕪で浅漬けを作ります。

1














まずはそれぞれ薄~く切って…

2












「梅の雫」という特製調味料で和えたら…

3












出来上がり!簡単!

美味しそう~♪

この「梅の雫」は、梅干しの樽に溜まったエキスだそうで、梅干しの旨味がぎゅ~~っと凝縮されています。

名前も素敵です。

4












テーブルには各学校からの料理が並び、子どもも大人も「待ちきれない~!」状態。

5












田んぼの学校からは、各種おにぎり(黒米入り・玄米・白米)と、一口おはぎ。

それに、落ち梅の梅干し。

2-1













ハーブの学校からは、ハーブパンケーキとハーブチーズとハーブティー。

2-2












畑の学校からは、具だくさん豚汁。(人だかりに圧倒され、写真を忘れました…)



そんな盛りだくさんな昼ごはんを、各学校の子ども達の号令に合わせ、皆で「いただきます!」。

「美味し~!」とあらかた食べてから、写真を撮り忘れたことに気づきました()

漬物は既に完食しちゃってます…豚汁もほとんど具が見当たらず。

食いしん坊でごめんなさい…。

2-3










その後の○×クイズ大会では豆知識をたくさんGET

「水のない田んぼで育つ稲?…ある、と思う!」

「え~!それもハーブなの~!?」と子ども達と大いに盛り上がりました。



館内には、田んぼの学校に参加された方々のレポートが貼ってあり、「来年は田んぼもしてみたいね~」なんて話も。

2-4











みのり館入口では、採れたて野菜の直売や、みかんの詰め放題。

実はこれも楽しみにしていたのです!



2-5












抱えきれないほどの野菜・みかん・お米と、お腹も胸もいっぱいになった子ども達を車に積み込んで、幸せ気分で帰路につきました。



次回の活動は、梅コースだけど「みかん狩り」体験。

みかんも大好きな我が子達(と私)は、今からと~っても楽しみにしています♪





(Yファミリー) 




 


1115日(日)に「みかんの収穫体験」に参加しました。

楽しみにしていたのですが、残念ながら前日から降り続いた雨が残り、朝からどんより
した天気でした。

本来なら、雨が降ったり、雨が残ったりした日には収穫しないそうですが、特別に体験させていただきました。みかんは水滴で濡れていると皮が柔らかくなり、収穫時に傷が付きやすく傷みやすいので、晴れて乾いている時しか収穫しないそうです。

今回収穫するのは、早生みかん春の花見時に花だったものが実を付けて色づいていました。このみかんの樹は石井さんと同じ年だそうで、記念樹だそうです!
1













ありがたく収穫させていただきました。
2















早生みかんは12月頃までに収穫を終え、次は青島みかんの収穫になるそうです。

青島みかんは貯蔵用にする場合は、6~7割色づいてから収穫し、貯蔵する前に「よそ(換気させて重量を5%程少なくすること)」させるそうです。そうすると余分な水分が飛び、皮と実の間に隙間が無くなり皮がしなびたように見えるようですが、「見た目はしなびてるように見えるけど、味は美味しいんだよ」と言われていました。収穫した早生みかんも味がしっかりしていて甘みと酸味のバランスが良かったです。糖度を測ったら13度もありました!9度以上が出荷の目安ということでしたので、とても甘いみかんです。黒点のある見た目の悪いみかんもありましたが、味は全く変わりません。市販されている薬品がかかったみかんよりも安全に美味しくいただけるので、子供にも安心して食べさせられます。

3













みかんの収穫が終わると、子供たちはみかんの樹を見て回っているときに見つけたカブトムシの幼虫採りに夢中でした。袋に一杯の幼虫を入れていましたので、オスかメスか、孵るのが楽しみですね。

4













春に花だったキウイが実を付けていました!試食させていただきましたが、香りが良くとても甘かったです。カタログに掲載されるのが楽しみです。

5













次回は1月にネーブルオレンジの収穫体験です。

今度は晴れて、みかんが大好きな子供たちも一緒に参加できるといいなぁと
願っています♪










このページのトップヘ