果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。

98c38d60.jpg 今回の作業は、晩柑の袋かけでした。他の柑橘系とは異なり紫外線があたると色づかないセミノールオレンジという品種で、お正月のお飾りによく使われるようです。袋は、表面は緑色で内側は黒の外袋と赤色の内袋の二重構造になっています。袋の表側中央に5cmほどの切込みがあり、右端に5cmほどの針金が仕込まれています。
まず、卵大の大きさに成長した果実を袋の中に入れ、果実のヘタの部分が切込みの先端に来るように(袋の真ん中に果実が来るように)入れます。
499b3260.jpg左上、右上の順番に三角に折り込み、最後に仕込まれている針金を廻すように折って袋を固定します。簡単にお手本を見せてもらいましたが、葉っぱが邪魔になって針金の折り方が弱く袋を固定できません。後からチェックしてみると、すぐに落ちてしまいそうなものもあり、全部きちんと固定できたか心配です。40~50分の作業でやっと1本の木を仕上げることができました。

1ac718c1.jpg 次に、前回摘果した極早生みかんの収穫です。約30分の作業でみかん箱に4箱ぐらいの収穫ができました。3ヶ月前はピンポン球くらいだったのに、十分に成長して色づいていましたが、摘果が上手にできなかったせいか一本の木なのに果実の大きさがバラバラでした。でも、摘果みかんを搾ったジュースはとても酸っぱかったのに、とても甘い果実に成長していました。
455ed2c0.jpg収穫したみかんはとても重いので、急峻なみかん畑に設置している運搬用モノレールに乗せて下ろしました。収穫時のポイントは、ほかの果実を傷つけないためにヘタを短く切ることです。次回は早生みかんの収穫作業のお手伝いなので十分に注意することにします。

 果樹栽培・収穫の難しさを実感しつつ、当日は雲ひとつない晴天に恵まれ、みかん畑から相模湾全体と遠くにランドマークタワー、房総半島まで見えて、小田原米神地区の良さを満喫し、充実した一日でした。

f9f8c3c7.jpg年月日:平成19年7月29日(日)
今回の作業は、摘果と摘果した果実から搾るジュースづくりです。房状に咲いた花は、一部は落花するもののそれぞれが果実となり、一つの房に4~6個程度の果実がなっていました。それぞれの果実は、ウズラの卵からピンポン球ぐらいの大きさにまで生長していて、果実により多くの栄養が行き届かせるため、葉15枚程度に1個の果実となるように元気な果実を残して、ほかの果実を摘み取ります。簡単そうに手本を見せてくれましたが、果実はしっかりと枝とつながっており、一個の果実を摘むのにも意外と手間がかかりました
7a6e45d7.jpg我が家は3本の木を任されたのですが、40分程度の時間で2本を仕上げることができませんでした。プロは一人で一本の木を30分程度で仕上げるそうです。
写真上:摘果前
写真下:プロの摘果後


c4888657.jpgその後、米神地区の集会所に移動して、摘果した果実からのジュースづくりです。まず、包丁で半分に切ってから、ハンドジューサーやスクイーザーで果汁を搾ります。小さな実なので、一個あたりの果汁はすくなく20個ほど搾るとコップに三分の一ほどの果汁がたまります。そのままでは、酸っぱいので水で三倍程度に薄めて、砂糖を2杯入れるととても濃厚で、おいしいジュースができあがりました。94c740a0.jpgそのうち、搾るのが間に合わなくなってきて手で搾りました。 当日は、曇り空でしたが暑い日で摘果はもとよりジュースづくりにも汗をいっぱいかいたので、摘果みかんのジュースがいっそうおいしく感じました。
半分に切って、搾って、3倍に薄めて、砂糖を加えると出来上がり。
解散後、海へ行き、潮だまりで遊んで、米神の夏を満喫して帰りました。

年月日:平成19年5月27日(日)10:00~12:00
参加者:大人5名、子供4名

参加初日となった5月20日は、米神地区のお祭りでお忙しい中にもかかわらず、お世話をしていただく担当農家様には、急峻な当該地区のレモン、ニューサマー、夏みかん、極早生、ハウス栽培等の畑、施設に立ち寄りながら、それぞれの花や実について説明していただきました。

花は、柑橘の種類によって異なるようで、子供たちには淡い色のレモンの花を気に入っていたようです。また、柑橘類の実は、最初は米粒大ほどしかない実が、多くの実は大きくなる前にふるい落とされ、残った実だけが大きくなるという話は印象的でした。隔年で収穫できるかんきつ類もあることも知りました。その後、ニューサマー(&何故かラッキョウ)の収穫のお手伝い(お邪魔)をして、その日の作業(?)は終了でした。ニューサマーの収穫をしながらおなかいっぱいにいただき、子供は大喜びでした。
また、柑橘系の種類に分けて通年収穫するために生産者の方が様々な手間をかけていることをかいま見ることができました。参加を重ねることによって、果物大好きの(朝食に果物が出ないと不満な)我が家の子供が、自分の口にはいるまでにどれだけ手間がかかっているのかを(親も含めて)分かるようになればいいなと思っています。

参加当日は、これ以上ない晴天に恵まれ、急峻な当該地区から小田原、江ノ島(当日はかすんで見えませんでしたが)方面の展望は、絶景でした。また、海まで歩いて2~3分で降りることができ、そこで昼食を取ったのですが、子供は透き通ったうみでの磯遊びで大満足でした。今度来るときは水着を持って行くことを約束させられました。みかんしか頭になかった親はカメラを持って行かなかったため、皆様に言葉が足りない分を写真でお伝えしたいのですができないのが残念です。次回からは、写真付きで紹介したいと思います。

このページのトップヘ