果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。

2011年02月

・活動日:2011. 2.24(木)
・受入れ先:青木 様(小田原・石橋地区)
・作業内容:袋掛け用紙袋の整理

・活動概要:
当日は週間天気予報が外れ、朝から小雨模様の生憎の天気となってしまいました。もし天気が良ければミカンの袋掛け作業等を計画していたとのことでしたが、ミカンの実や葉が濡れていては袋を掛けることが出来ないので、屋内の作業をする事になりました。

作業内容は蜜柑に掛ける紙袋の整理で、袋掛け作業がスムーズにできるように袋のシワを伸ばして、口に付いているピン(5㎝程の針金)を真っ直ぐに伸ばすという単純ですが、袋掛け作業の効率や、ミカンの収量と品質を左右する大事な整理修正作業です。
最終回は単純作業でしたが、サポーターコースの締め括りとしては良い経験が出来たと思っています。

-------------------------------

サポーターの作業はバレイシアオレンジの摘み取りから始まり、袋掛け、選定した枝の始末等、青木さんの迷惑にならない様に頑張っている間に一年が経過しました。今年の温州ミカン、青島、大津ミカン等は終わりに近づいている様ですが、今年一年のいろいろな経験から、来シーズンは店頭に並ぶミカンを見る目が変わる様な気がします。
青木さん、一年間、貴重な経験をさせて頂き、どうも有難うございました。

今回のキウイジャム作りは他の参加家族と一緒に行うはずでしたが、日程の調整が合わなかった為、材料のキウイを送ってもらい自宅での作業となりました。

農家さん経由で届いた事務局からのジャムのレシピは「未追熟のキウイを使用」となっていて、以前からジャムを作るときは食べて美味しい果実を使って作っていた私は「え?こんな酸っぱい実を使って本当に美味しいのが出来るの???」ととちょっと心配になりました。失敗したら大変と思い、最初はレシピ通りの作りかたで半分量だけ作ってみました。

たまたま来ていた母にも手伝ってもらいキウイを「粗く」刻んで先に果実だけ加熱するという方法で
作ってみました。
beba58c9.jpg
出来上がったものを試食してみると味は酸味があることでしまっていて美味しかったのですが粗く刻みすぎたのかごろごろした感じがやや不評だったので残りの半量は実をフードカッターで全て細かく刻みジュースに近い状態にして砂糖も最初から入れて作りました。
二度目の方は程よいとろみがついていい感じに仕上がりました。
78a9d8e2.jpg
煮詰め中・・・。

b48dd542.jpg  718b4c43.jpg
瓶詰め中                 左一回目、右二回目

毎朝パンに塗ったり、6歳の娘はヨーグルトに入れて食べるのがお気に入りです。

楽しく作りましたが大量のキウイを刻んでいたら途中で手が痒くなってしまいあわてて手をゴシゴシ洗いました。原因はキウイに含まれるシュウ酸カルシウムという物質のようです。目には見えない細かいトゲトゲしたものがいたずらするみたいです。

活動日:2011年2月6日:曇り(1/17の振り替え)

この日は記録用のデジカメを忘れ…、携帯の電源も切れて写真が無いので…、文章のみでの報告になります。

最後の畑での活動日だったのですが、あいにく三人兄弟の真ん中の子が発熱で5人家族全員の出席ではなく3人での参加になりました。

午前中は青島みかんでジャムを作り、(皮を入れるのでマーマレードに似ているのですが、
マーマレードみたいに皮が苦くないので とっても優しいジャムでした♪)

畑はその後の活動になりました。今回はデコポンと夏みかんの収穫を体験。箱を一箱いただき、はさみでの収穫。「高いデコポンは1個700円ぐらいするんだよ。」と聞くと…テンションアップ↑(笑い)せっかくなので、デコポンの収穫をおもに行いました。曇りだったので寒かったのですが、時間を忘れて夢中になって作業をしました。
貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございます。

2月6日(日)
天気 晴れ
みかんジャム作り 梅の里センターにて

本日は、みかんコースで活動されているご家族の皆さん、農家の方々と、みかんジャムを作りました
ジャム作りの先生は、石井さんご夫妻です

我が家の材料の分量は、下記の通りです
みかん3キロ
砂糖700gほど
みかんの皮は、ほんの少し
レモン汁1つ分

①みかんの皮を、細く切って茹でこぼし、砂糖をふりかけ軽く煮る(苦味が取れます)
 
②みかんの果肉を切って、ジューサーにかけ(フードプロセッサーだと、ちょっと粗いような)火にかける

③水分があらかた飛んだころ、砂糖とレモン汁を投入して煮詰める 写真その1参照
思ったより長い煮込み時間だったので、根気の要る作業でした 写真その2参照
    42df8bc5.jpg   4de4a70d.jpg
④その間に、ジャムを詰める瓶を、蒸し器で消毒しておいて、ジャムを詰める 写真その3参照
    beec34dd.jpg
出来上がったみかんジャムは、とても色がきれいでした
程よく甘く、とても美味しかったです
思ったほど難しくなかったので自宅でも作ってみたいと思います

今回の活動で、最後となります
一年間あっという間でしたが、楽しく貴重な体験ができました
ありがとうございました!

このページのトップヘ