秋晴れの一日。

前回は、暑い夏の土用干しの作業でしたので、季節の移り変わりを感じます。

 

今回は枝の剪定を体験しました。

脇から伸びてきた、いらない枝をノコギリやハサミで切ります。

ノコギリやハサミを使い慣れていないため、悪戦苦闘しましたが、娘も意欲的に作業できました。

 DSC_0339









このような作業を数ヶ月かけて行うとのことです。農家の方々のご苦労を感じるものでした。

梅の実がなっている時期は気分が爽快になりますが、不思議なもので、実がない梅畑での作業は少し寂しく感じます。

でも、この時期の作業があるからこそ、次のすばらしい梅の実を生み出すのだということも実感。

 

次回は花の咲く時期にお邪魔する予定です。

梅の花が咲くのが楽しみです。