前回の梅収穫から2ヶ月ぶりに、楽しみにしていた梅作業です。

今日は梅の大きさや、傷のあるなしを確認して分ける作業を体験させていただきました。



まずはへたを取り、梅に傷がないか確認し、その後量りで重さを量って大きさごとに分ける作業です。

今回は家族で分業し、親がへたとり・傷の有無を確認し、子供が重さ量り、という事にしました。
DSCN1280



















最初は慎重に重さを量って、表を見ながら選別していた子供でしたが、そのうち持っただけで分けていました。

合っていたらすごいのですが、結構適当に分けている気が

穂坂さんすみませんでした。



その後、子供は駐車場の屋上で干した梅を下に下ろしたり、台車で梅を運んだりするのをやらせてもらいとても楽しそうでした。

DSCN1283














DSCN1285
















その間も、親は真剣に分別作業です。

梅干しをいただいたり(これがすごく美味しくてパクパクいける)、梅シロップジュースもごちそうになったり、とても充実した楽しい時間を過ごす事ができました。

私たちの作業は役に立ったのかは怪しいですが¨。



次回もまた楽しみです。

ちなみに、帰りに近くで寄った直売店の梅肉もみかんもとても美味しく、子供は小田原に引っ越したい!と言っています。




(Eファミリー)