1717bb03.jpg2009年5月24日

あいにくの雨。
かっぱを着て農家の方に案内していただきました。

まずは、細い農道にびっくり。そしてどんどん山を登ると猿に遭遇。猿、アライグマ、たぬき、いのしし、ハクビシンなどがいるといわれてました。

畑は5か所、いろいろな場所にいろいろな種類がありました。いよかん、ネーブル、みかん、甘夏などたくさんの種類がありびっくりしました。

畑の場所によって温度が違うことや、柑橘類以外に琵琶、野菜なども育てていらっしゃると聞き、さらにそれを二人でしていると聞きまたまたびっくり。

ここは、昨日草刈りをしたんだよと言われた畑、草刈りも1つの畑で四日かかるといわれてました。一年に四回はする作業。除草剤をまけば一年に一度しかも一日で済むが、そうするとミミズもカラスもこないと聞いて薬の強さに驚きました。安心して食べれる物を作るというのはとても大変な事でたくさんの作業が必要な事を実感しました。

79fe9066.jpg 子どもたちは雨のため収穫を楽しむのはおあずけ、でもいくつか味見させてもらいました。パクパクすぐ食べちゃいました。ほんとおいしかったです。種類ごとの味の違いを楽しめました。

 段々畑からの眺めはとてもよかったです。海だぁ~と子供は声を出してました。小田原城も見えるし、天気のいい日にまた風景もたのしみたいです。

 畑ごとに小さな小屋があってその中に収穫したものをねかせる貯蔵庫があり、そのための木箱がぎっしり、それにもまた驚き、種類によっては1~2か月ねかせるものもあると聞きこれにも驚きました。
たくさんの発見をしました。

農家の方がとても親切にいろいろ教えてくださるのでこれから一年とても楽しみです。