今回は、玉ねぎの収穫作業をみんなので行いました。

最初の説明で玉ねぎがもう土から出ていて倒れているものが収穫してもよい玉ねぎだよと聞いたときは「なぁんだ」と思いましたが根っこなどの切り落としや大きさの判別(仕分け)をやっていくうちにこれは侮れない作業だと実感していました。

また、ネギ坊主(まびき)を行うことは初めて知り玉ねぎでも間引きをしないといけないことをしりました。

ただ、まびきした玉ねぎでも芯以外は収穫した普通の玉ねぎと遜色なくおいしいとは思いもしなかったです。

 

玉ねぎの作業の後、みかん畑に行き、若いみかんの木の花を摘む作業をしました。

まだみかんの木を成長させなければいけない3年未満の木は花を摘んで栄養を木に回すそうです。

ちょうどみかんの花がたくさん咲いていて、あたりがとてもいい匂いにつつまれていました。

 

ネギ坊主の玉ねぎと、規格外の玉ねぎをいただいて帰りました。

スープにしたり、パルシステムのカタログに出ていた、玉ねぎのソテーなどいろいろ作っていただきました。

一番、おいしかったのは長谷川さんにおしえていただいた、ゆでた玉ねぎに鰹節としょうゆ&マヨネーズをのせるシンプルスタイル。簡単だけどとてもおいしかったです。

写真













(Mファミリー)