果樹の学校 活動ブログ


NPO法人小田原食とみどりが運営する果樹の学校活動記録です。
小田原で栽培が盛んな「みかん」「うめ」「キウイ」を農家の畑で学びます。

カテゴリ: 梅コース


4月10日(日)


入学式&オリエンテーションに行ってきました。

 

お世話になる鳥居さんとの顔合わせ。


ちょっと緊張しましたが、気さくに色々お話をしてくださり、
緊張もほぐれ、梅干し大好きな娘は、収穫の話などに、おめめキラキラ。


ワクワクしました。今後の活動が楽しみです。

 


楽しく安全に活動していきたいと思います。

 

(Sファミリー)

118日、合同収穫祭に参加してきました!



数日前からの願いもかなわず、予報通りの雨空…でしたが、みのり館内で密度の濃~い時間を過ごせたと思えば、それもまたよし…かな?



着いたらまず皆で「昼ごはん作り」。

果樹の学校メンバーは「漬物」担当ということで、採れたてピカピカの茄子と蕪で浅漬けを作ります。

1














まずはそれぞれ薄~く切って…

2












「梅の雫」という特製調味料で和えたら…

3












出来上がり!簡単!

美味しそう~♪

この「梅の雫」は、梅干しの樽に溜まったエキスだそうで、梅干しの旨味がぎゅ~~っと凝縮されています。

名前も素敵です。

4












テーブルには各学校からの料理が並び、子どもも大人も「待ちきれない~!」状態。

5












田んぼの学校からは、各種おにぎり(黒米入り・玄米・白米)と、一口おはぎ。

それに、落ち梅の梅干し。

2-1













ハーブの学校からは、ハーブパンケーキとハーブチーズとハーブティー。

2-2












畑の学校からは、具だくさん豚汁。(人だかりに圧倒され、写真を忘れました…)



そんな盛りだくさんな昼ごはんを、各学校の子ども達の号令に合わせ、皆で「いただきます!」。

「美味し~!」とあらかた食べてから、写真を撮り忘れたことに気づきました()

漬物は既に完食しちゃってます…豚汁もほとんど具が見当たらず。

食いしん坊でごめんなさい…。

2-3










その後の○×クイズ大会では豆知識をたくさんGET

「水のない田んぼで育つ稲?…ある、と思う!」

「え~!それもハーブなの~!?」と子ども達と大いに盛り上がりました。



館内には、田んぼの学校に参加された方々のレポートが貼ってあり、「来年は田んぼもしてみたいね~」なんて話も。

2-4











みのり館入口では、採れたて野菜の直売や、みかんの詰め放題。

実はこれも楽しみにしていたのです!



2-5












抱えきれないほどの野菜・みかん・お米と、お腹も胸もいっぱいになった子ども達を車に積み込んで、幸せ気分で帰路につきました。



次回の活動は、梅コースだけど「みかん狩り」体験。

みかんも大好きな我が子達(と私)は、今からと~っても楽しみにしています♪





(Yファミリー) 




 



前回の梅収穫から2ヶ月ぶりに、楽しみにしていた梅作業です。

今日は梅の大きさや、傷のあるなしを確認して分ける作業を体験させていただきました。



まずはへたを取り、梅に傷がないか確認し、その後量りで重さを量って大きさごとに分ける作業です。

今回は家族で分業し、親がへたとり・傷の有無を確認し、子供が重さ量り、という事にしました。
DSCN1280



















最初は慎重に重さを量って、表を見ながら選別していた子供でしたが、そのうち持っただけで分けていました。

合っていたらすごいのですが、結構適当に分けている気が

穂坂さんすみませんでした。



その後、子供は駐車場の屋上で干した梅を下に下ろしたり、台車で梅を運んだりするのをやらせてもらいとても楽しそうでした。

DSCN1283














DSCN1285
















その間も、親は真剣に分別作業です。

梅干しをいただいたり(これがすごく美味しくてパクパクいける)、梅シロップジュースもごちそうになったり、とても充実した楽しい時間を過ごす事ができました。

私たちの作業は役に立ったのかは怪しいですが¨。



次回もまた楽しみです。

ちなみに、帰りに近くで寄った直売店の梅肉もみかんもとても美味しく、子供は小田原に引っ越したい!と言っています。




(Eファミリー)


 


 


 


 


雨の予報を覆し、見事に晴れたこの日、梅名人・穂坂さんの梅畑での青梅収穫作業をお手伝いさせてもらいました。

私も子ども達も、初めて見る広~い梅畑にワクワク。



「今日はこの3本の収穫をします」と指された木は「白加賀」という種類だそうで、大きな青梅がたわわに実っていました。

150531_1019~02














「スケールの真ん中の穴より大きいのを収穫してね」とのことで、黄色いスケールを首から下げて収穫スタート!

150531_1002~01















姫リンゴほどもある立派な青梅がいっぱい!

150531_1024~01















事務局のお2人も一緒に、楽しくおしゃべりしながら午前中2時間作業して、青いコンテナ5個分を収穫できました。

いつもは1日に20コンテナ程を収穫されるのだとか。

150531_1032~01















分けていただいた立派な青梅で、帰宅後さっそく梅シロップ(写真右)と蜜漬け梅(写真左)を仕込みました。

今日でちょうど2週間経ち、どちらもいい感じ♪

150613_0906~01












「瓶いっぱいに入れたのに減っちゃった~」と、子ども達はやや不満顔ですが、暑い夏のスペシャルドリンク&デザートを楽しみに、毎日瓶を降っては眺めています。



次回の参加は7月の予定。

今からとても楽しみです!




(Yファミリー) 


 


 


 


 


 


150531_1019~02


 


大雪のあとで心配しましたが、

小田原に雪は全くなく、

温暖な地域なのだなと実感しました。

 

梅も例年並みに開花しているとのこと。

十郎の梅花が香りもよく、

かわいらしく咲いていました。

寒い中にも春の訪れを感じます。

 

中河原会場は景色が良い場所。

今日は富士山が雲に隠れてしまって残念でしたが、

青い空と富士山をバックにした梅林は

間違いなく絶景でしょう。

 

玉泉寺はたくさんの種類の梅がきれいに咲いています。

小田原の和菓子屋さんの出店などもあり、お茶を頂きながら

のんびりと観賞できます。

 

別所会場は広い範囲に散策を楽しめます。

子どもたちが喜びそうな屋台もあり、

梅の種類も豊富でした。

梅干しや梅ジャム、みかんなどの物産のお店もあります。

 

2月はまだまだ寒い日が続きますが、

梅まつりに参加し、春を感じることができました。

また、初夏に梅の実を収穫したこと、

暑い日に土用干しをしたことなどを懐かしく、

そして、これから再び実がなることを

思いながら楽しく過ごすことができました。

ご案内いただきありがとうございました。

 

是非、また梅まつりを訪れたいと思います。

2014021120140211_162014021120140211_092014021120140211_03_01

このページのトップヘ